スイングpopは陳列棚で商品をアピールする印刷紙

スイングpopはお店の陳列棚で商品をアピールするための印刷紙の1つです。この印刷紙の紙面には商品名や商品の写真がカラーで印刷されていて、さらにアピールするための一言が書かれていたりします。この紙面の形はまるでフライパンの形状を連想させるかのように、上の部分はフレームのような形状になっていて、下のほうは丸や三角などの形になっています。そしてその印刷された紙面は、上のフレームのような形状の部分を陳列棚のフレーム枠に挟み込んでいます。一方の下の部分の丸や三角形をした部分は空中を浮き上がってるかのような状態で商品をアピールしています。この空中を漂ってる形状の部分を指で押し下げようとすると、無理やり強い力で折り曲げない限り、またポップして元の状態に戻ろうとします。この不規則な形をした印刷紙面を作ろうとする場合は、プリンターとパソコンを利用して製作されます。インターネット上ではこれを作るための販促POP型データが一部のサイトで公開されていて、それを無料でダウンロードできるところがあります。後は手順に従って入れたい文字や色や写真を追加するなどして製作します。そしてそれを印刷したら、印刷された部分だけを切り取って完成させます。

スイングpopを使った販促方法

販促のために導入してあるスイングpopを使った販促方法として、活用する場所はコンビニや新商品のところに貼っておいて人が通ることで少しの風でもユラユラと揺れるためアイキャッチ効果が上げることができます。
また似たような商品が陳列されているような状況で少しでも目立たせたい場合などに使うと効果的になります。
注文するには、インターネットで部数、サイズ、用紙の種類、加工のオプションを選んで見積もりを受けとった後に注文することができます。その際に
今既にある形のテンプレートを使ったりするとコストを抑えることができます。
また納期までの期間がどれくらいかかるのかを考えながら、注文することが大切になります。
スイングpopを使って、少ない情報量で、多くの訴求効果が得られることができて、各種販促やPRに効果を発揮する事は間違いありません。

スイングpopを有効活用して売上を伸ばすコツ

スイングpopは商品を並べる棚に掲げて特徴をアピールすることができ、利用客に興味を示してもらえると購入してもらえる可能性もあります。商品を売りたい時はただ単に並べることだけではスルーされチャンスを逃しやすく、販促をして特徴を伝えるなど工夫することが大事です。popに表示する内容の決め方は個性を活かし、イメージをしやすくすると効果があります。
スイングpopを有効活用して売上を伸ばすコツはより多くの人に興味や関心を示してもらい、試しに購入することを意識させると効果が高いです。店舗の売上を伸ばす時は商品の特徴をアピールすると購入してもらえ、気に入られるとリピーターを増やせるため客単価を上げることができます。店舗の利益は商品を効率良く販売して人件費を減らすことを両立することが求められ、最適な方法を決めて今後の計画を立てる必要があります。