スイングpopの仕組みと宣伝効果

スイングpopとは、名前の通り、スイングしているpopで、店頭などで見かけることが多いでしょう。スイングしていることで、popが立体的に見え、さらに揺れることから、お客さんの目に留まりやすいことが特徴です。スイングするために、popのサイズは綿密に練られています。コストを抑えるためには、紙で作られることが多いですが、長持ちさせるためにプラスチックで作っているものもあります。また、紙の場合でも、強度を持たせるために、表面コーティングや、表面だけツルツルした素材の紙を選択しているものもあるでしょう。スイングpopを採用しているメーカーは、車の部品関連、化粧品関連、家電関連が多いです。いずれも、たくさんの商品を売りたく、宣伝効果に工夫をしているメーカーが多いです。店頭で見つけたら、注目してみると面白いでしょう。

スイングpopを効果的に使って販促

よくドラッグストアなどで見かけるポップ。中でも陳列棚からピロッと飛び出しているものがあります。いわゆるスイングpopです。「新商品」、「人気No.1」、「NEW」などのワードが印刷してあります。ゆらゆらしてカラフルで、特に意識していなくても結構注目してしまいます。シャンプーなどたくさんの商品から何を買うか悩んだ時は、ポップを目安にしたりして選ぶ方もいるかもしれません。スイングpopは注目してもらいたい商品やお店のメッセージを簡潔に効率的に伝えることができます。形もいろいろで丸型、四角形、立体的な構造になっているものなどがあります。印刷されたものだけでなく、お店からの手書きのメッセージが書けるものもあります。設置場所などもお店に合わせて工夫すればさらに販促効果がありそうです。このお店のおすすめ商品は自分に合ってるなと感じてもらえたら、リピーター獲得にもつながるかもしれません。

スイングpopの効果と基礎知識

通常のPOPと比較してスイングpopの魅力は見た目のアピール度が強く、現在はスーパーや量販店等で使われる事が多くあります。特に新商品や販促用のPOPとして利用する場合は、販促効果を高める事が出来るでしょう。
人は見た目の印象で揺れる物に目をひかれる事が多く、最近では家電量販店やドラッグストアでも見かける事が増えています。通常のPOPに比べて店舗側は目立たせる商品や販促したい商品に使う事が多く、目を引き付けるツールとして利用しますので、人目につきにくいところに設置しても効果は低いといえるでしょう。その為、レジ前や特売コーナー等で利用する事が効果的であり、什器等にも設置しやすくインパクトも強いので、設置場所にも工夫すると良いでしょう。アートセンスのある方が作ると販促効果が抜群にアップするツールと言えます。